2012年04月14日

電脳プリオン電脳プリオン

電脳プリオン電脳プリオン
posted by 電脳プリオンのクラスメイト at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

生サナーギブログ

生サナーギのブログです。
posted by 電脳プリオンのクラスメイト at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

;;

電脳プリオンのクラスメイト

電脳プリオン
電脳プリオンの部下
電脳プリオンの弟子
電脳プリオンの家臣
電脳プリオンの家来
電脳プリオンの子分
電脳プリオンの奴隷
電脳プリオンの秘書
電脳プリオンの胸
電脳プリオンの主治医
電脳プリオンの手下
電脳プリオンの執事
電脳プリオンの父
電脳プリオンの妹
電脳プリオンの母
電脳プリオンの兄
電脳プリオンの姉
電脳プリオンの弟
電脳プリオンの小腸
電脳プリオンの心臓
電脳プリオンの踵
電脳プリオンの左耳
電脳プリオンの友人
電脳プリオンの気管
電脳プリオンの祖父
電脳プリオンの首
電脳プリオンの弁護人
電脳プリオンのペット
電脳プリオンの背後霊
電脳プリオンの家政婦
電脳プリオンの担任
電脳プリオンの祖母
電脳プリオンの上司
電脳プリオンの右目
電脳プリオンの爪
電脳プリオンの腋毛
電脳プリオンの大腸
電脳プリオンの鼻
電脳プリオンの右手
電脳プリオンの左手
電脳プリオンの左足
電脳プリオンの右足
電脳プリオンの左目
電脳プリオンの右耳
電脳プリオンの口
電脳プリオンの臍
電脳プリオンの肺
電脳プリオンの肝臓
電脳プリオンの腎臓
電脳プリオンの膵臓
電脳プリオンの胃
電脳プリオンの食道
電脳プリオンの十二指腸
電脳プリオンの膀胱
電脳プリオンの脳
電脳プリオンの神経
電脳プリオンの筋肉
電脳プリオンの血管
電脳プリオンの皮膚
電脳プリオンの骨
電脳プリオンの脊髄
電脳プリオンの歯
電脳プリオンの頭髪
電脳プリオンの睫毛
電脳プリオンの眉毛
電脳プリオンの鼻毛
電脳プリオンの胸毛
電脳プリオンの脛毛
電脳プリオンの肛門
電脳プリオンの頬
電脳プリオンの顔
電脳プリオンの顎
電脳プリオンの頭
電脳プリオンの額
電脳プリオンの肩
電脳プリオンの肘
電脳プリオンの背中
電脳プリオンの腹
電脳プリオンの尻
電脳プリオンの腰
電脳プリオンの膝
posted by 電脳プリオンのクラスメイト at 11:30| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

リンク

電脳プリオンのクラスメイト

電脳プリオン
電脳プリオンの部下
電脳プリオンの弟子
電脳プリオンの家臣
電脳プリオンの家来
電脳プリオンの子分
電脳プリオンの奴隷
電脳プリオンの秘書
電脳プリオンの胸
電脳プリオンの主治医
電脳プリオンの手下
電脳プリオンの執事
電脳プリオンの父
電脳プリオンの妹
電脳プリオンの母
電脳プリオンの兄
電脳プリオンの姉
電脳プリオンの弟
電脳プリオンの小腸
電脳プリオンの心臓
電脳プリオンの踵
電脳プリオンの左耳
電脳プリオンの友人
電脳プリオンの気管
電脳プリオンの祖父
電脳プリオンの首
電脳プリオンの弁護人
電脳プリオンのペット
電脳プリオンの背後霊
電脳プリオンの家政婦
電脳プリオンの担任
電脳プリオンの祖母
電脳プリオンの上司
電脳プリオンの右目
電脳プリオンの爪
電脳プリオンの腋毛
電脳プリオンの大腸
電脳プリオンの鼻
電脳プリオンの右手
電脳プリオンの左手
電脳プリオンの左足
電脳プリオンの右足
電脳プリオンの左目
電脳プリオンの右耳
電脳プリオンの口
電脳プリオンの臍
電脳プリオンの肺
電脳プリオンの肝臓
電脳プリオンの腎臓
電脳プリオンの膵臓
電脳プリオンの胃
電脳プリオンの食道
電脳プリオンの十二指腸
電脳プリオンの膀胱
電脳プリオンの脳
電脳プリオンの神経
電脳プリオンの筋肉
電脳プリオンの血管
電脳プリオンの皮膚
電脳プリオンの骨
電脳プリオンの脊髄
電脳プリオンの歯
電脳プリオンの頭髪
電脳プリオンの睫毛
電脳プリオンの眉毛
電脳プリオンの鼻毛
電脳プリオンの胸毛
電脳プリオンの脛毛
電脳プリオンの肛門
電脳プリオンの頬
電脳プリオンの顔
電脳プリオンの顎
電脳プリオンの頭
電脳プリオンの額
電脳プリオンの肩
電脳プリオンの肘
電脳プリオンの背中
電脳プリオンの腹
電脳プリオンの尻
電脳プリオンの腰
電脳プリオンの膝
タグ:リンク
posted by 電脳プリオンのクラスメイト at 21:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

1のクラスメイトです。

電脳プリオンのクラスメイトです。
電脳プリオンははっきりいうと暗く、休み時間いつも一人で漫画を読んだりしていました。
私は1の隣の席でした。ある日、国語の教科書を忘れてしまったらしく
慌てていました。どうやら友達がいないらしく他のクラスの人に借りるのも
できなかったようです…。授業中、電脳プリオンは先生に「教科書を朗読しろ」といわれ慌てふためいてました。いじめられっこの感もあった電脳プリオンなのでまわりの男子も教科書を貸す気配は無く、むしろ面白そうに電脳プリオンを観察していました。
泣きそうな電脳プリオンがあまりに哀れに見えてきて、私はそっと教科書を電脳プリオンの机に置きました。電脳プリオンは驚いたように私の方を見てから、朗読を始めました。
それからです。電脳プリオンはしょっちゅう私に話しかけてくるようになりました。
「俺今日も教科書忘れちゃった〜、俺って逝ってよし?」
「さっきすれ違った奴にキモいとか言われたよ。オマエモナーって感じだよね」
「なんか最近の流行ってガイシュツばっかでつまんないよね」
など、馴れ馴れしい口調の挙句、意味不明な単語を10分に一回は発します。
あれから電脳プリオンはほぼ毎日教科書を持ってこなくなり、「一緒に見して〜」と言ってきます。机を椅子くっつけて二人で見るハメになりました。
いい加減気持ち悪くて堪忍袋の緒が切れそうな時…、電脳プリオンが言いました。
「ねぇ、2ちゃんねるって知ってる?」
知らないし興味も無かったのですが、電脳プリオンが一日中熱烈に語ってきました。
生理的嫌悪感もあって近くにいるだけでもイライラするのにたまったもんじゃありません。百聞は一見にしかず、私も2ちゃんねるとやらに行く事を約束し、アドレスをよこしてやっと電脳プリオンは私から離れました。
次の日です。電脳プリオンの存在自体苦痛になってきた頃でした。
電脳プリオンはあの日クラスの男子からヒドイいじめにあったらしく、登校拒否を始めました。
私は大きな開放感で胸いっぱいでした。心に余裕ができるとあの電脳プリオンのよこした2ちゃんねるのアドレスが気になりだしました。一体なんなんだろう?
行ってみると…。なんて下品でオタクっぽくて意味不明な言葉の多い所なんだろう。
そして、強がった口調で書き込みまくっている電脳プリオンを見つけました。
こんな所でしか強がった事が言えない…。私は電脳プリオンがだんだんかわいそうに思えました。
posted by 電脳プリオンのクラスメイト at 22:58| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。